声優

声優・女性声優・男性声優等の声優まとめ。アニメ・イベント・ラジオ・舞台・ゲーム等の声優さんを応援していく感想+情報まとめ(2chも他も)ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
【戦姫絶唱シンフォギア】第12話【シンフォギア】【感想まとめ】【ネタバレ注意】
【戦姫絶唱シンフォギアのあらすじ紹介】
――『それ』は、
有史以来、世界の各地にてたびたび観測されてきたものであったが、
その年の国連総会にて正式に議題として取り上げられ、
限りなく未知に近い既知の存在として、公式に認定されることで一致した。

国際平和維持のため、
各国が協調し対処にあたるべき認定特異災害『ノイズ』。

ノイズはヒトを襲い、
ヒトに接触することで、炭素の塊へと変えて分解してしまう。
対して、ヒトの行使する通常物理法則にのっとった破壊力は、
いかに最新・先鋭を誇っていようと、ノイズには微々たる効果しか発揮できず、
ヒトは往々にして、ただノイズが通り過ぎ、姿を消すのを待つだけでしかなかった。

ある者は、そんなノイズを「まさに災害だ」と評し、
またある者は、ヒトだけを襲い、炭素の塊へと変え、
やがてノイズ自身も炭素の塊と崩れ落ちるその様に、
「他人を巻き込む自殺願望そのものだな」と吐き捨てるのであった。


【戦姫絶唱シンフォギア 第12話  「シンフォギア
long1332511570743
long1332511980873

【舞台設定・背景】

物語の舞台は、近未来の日本。東京。

日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえている。
特異災害対策機動部二課は、
第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、
特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、
決定的に異なる点がひとつあった。

『シンフォギアシステム』――

天敵ノイズの駆逐のため、
人類が備えうる、唯一絶対の切り札の保有と、その行使である。

シンフォギアシステムを身に纏ったものだけが、
ノイズに対して効率的・有効な攻撃手段を備え、撃退することを可能とする。

だが、既存の技術体系とは一線を画す、
異端技術の結晶でもあるシンフォギアは、
同時にノイズを殲滅せしめる強力な武装でもあるため、
米国との安全保障条約や、周辺諸外国に対する影響も鑑みられ、
現在の政府与党判断によって、完全に秘匿されている状態でもある。

誰に知られることなくノイズと戦い、
ヒトの暮らしを守る防人たちが年端もいかぬ少女たちであることを――
その正体が、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の2人、
天羽 奏と風鳴 翼であることを知る者は、ごく僅かに限定されている。


【登場人物:声の出演】

風鳴 翼 :水樹 奈々
天羽 奏 :高山 みなみ
立花 響 :悠木 碧
小日向 未来 :井口 裕香
雪音クリス :高垣彩陽
風鳴弦十郎 :石川英郎
櫻井了子 :沢城みゆき
緒川慎次 :保志総一朗
藤尭朔也 :赤羽根健治
友里あおい :瀬戸麻沙美
安藤創世 :小松未可子
寺島詩織 :東山奈央
板場弓美 :赤﨑千夏

【スタッフ】

原作 :上松範康  金子彰史
監督 :伊藤達文
シリーズ構成・脚本 :金子彰史
キャラクター原案 :吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督 :小池智史
総作画監督 :藤本さとる
アクションディレクター :光田史亮
色彩設計 :斎藤麻由
クリーチャーデザイン :okama
フューチャービジュアル :ロマン・トマ  ブリュネ・スタニスラス  ルガル・ヤン
美術監督 :西村 隆
背景 :アトリエローク07
撮影監督 :尾崎隆晴
撮影 :マッドボックス
編集 :定松 剛
音響監督 :本山 哲
音楽プロデューサー :上松範康
音楽 :Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作 :エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力 :サテライト
製作 :Project シンフォギア


【製作スタッフ・キャストについての詳しい情報は公式HPのこちらから】

【放送曜日・時間帯】

TOKYO MX(MX) 1月6日より 毎週金曜 23:00~ 放送
テレビ神奈川(tvk) 1月7日より 毎週土曜 23:30~ 放送
テレビ愛知(TVA) 1月7日より 毎週土曜 26:20~ 放送
※初回のみ27:10~
チバテレビ(CTC) 1月9日より 毎週月曜 26:00~ 放送
毎日放送(MBS) 1月9日より 毎週月曜 26:20~ 放送
キッズステーション 1月10日より 毎週火曜 23:00~ 放送
ニコニコ動画 1月10日より 毎週火曜 22:30~ 配信
※各話1週間の無料配信
視聴ページはコチラ

※詳細は各放送局のホームページでご確認ください。
※放送時間は予告なく変更する場合がございます。

【放送曜日・時間帯についての詳しい情報は公式HPのこちらから】

以上、公式HP、wiki、2ちゃんねるより抜粋。

【戦姫絶唱シンフォギアの公式HP】
【戦姫絶唱シンフォギアのwiki】

以降、感想・内容等のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。

【戦姫絶唱シンフォギア】第11話【月を穿つ】【感想まとめ】【ネタバレ注意】
【戦姫絶唱シンフォギアのあらすじ紹介】
――『それ』は、
有史以来、世界の各地にてたびたび観測されてきたものであったが、
その年の国連総会にて正式に議題として取り上げられ、
限りなく未知に近い既知の存在として、公式に認定されることで一致した。

国際平和維持のため、
各国が協調し対処にあたるべき認定特異災害『ノイズ』。

ノイズはヒトを襲い、
ヒトに接触することで、炭素の塊へと変えて分解してしまう。
対して、ヒトの行使する通常物理法則にのっとった破壊力は、
いかに最新・先鋭を誇っていようと、ノイズには微々たる効果しか発揮できず、
ヒトは往々にして、ただノイズが通り過ぎ、姿を消すのを待つだけでしかなかった。

ある者は、そんなノイズを「まさに災害だ」と評し、
またある者は、ヒトだけを襲い、炭素の塊へと変え、
やがてノイズ自身も炭素の塊と崩れ落ちるその様に、
「他人を巻き込む自殺願望そのものだな」と吐き捨てるのであった。


【戦姫絶唱シンフォギア 第11話  「月を穿つ
1331907688196
ep513139

【舞台設定・背景】

物語の舞台は、近未来の日本。東京。

日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえている。
特異災害対策機動部二課は、
第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、
特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、
決定的に異なる点がひとつあった。

『シンフォギアシステム』――

天敵ノイズの駆逐のため、
人類が備えうる、唯一絶対の切り札の保有と、その行使である。

シンフォギアシステムを身に纏ったものだけが、
ノイズに対して効率的・有効な攻撃手段を備え、撃退することを可能とする。

だが、既存の技術体系とは一線を画す、
異端技術の結晶でもあるシンフォギアは、
同時にノイズを殲滅せしめる強力な武装でもあるため、
米国との安全保障条約や、周辺諸外国に対する影響も鑑みられ、
現在の政府与党判断によって、完全に秘匿されている状態でもある。

誰に知られることなくノイズと戦い、
ヒトの暮らしを守る防人たちが年端もいかぬ少女たちであることを――
その正体が、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の2人、
天羽 奏と風鳴 翼であることを知る者は、ごく僅かに限定されている。


【登場人物:声の出演】

風鳴 翼 :水樹 奈々
天羽 奏 :高山 みなみ
立花 響 :悠木 碧
小日向 未来 :井口 裕香
雪音クリス :高垣彩陽
風鳴弦十郎 :石川英郎
櫻井了子 :沢城みゆき
緒川慎次 :保志総一朗
藤尭朔也 :赤羽根健治
友里あおい :瀬戸麻沙美
安藤創世 :小松未可子
寺島詩織 :東山奈央
板場弓美 :赤﨑千夏

【スタッフ】

原作 :上松範康  金子彰史
監督 :伊藤達文
シリーズ構成・脚本 :金子彰史
キャラクター原案 :吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督 :小池智史
総作画監督 :藤本さとる
アクションディレクター :光田史亮
色彩設計 :斎藤麻由
クリーチャーデザイン :okama
フューチャービジュアル :ロマン・トマ  ブリュネ・スタニスラス  ルガル・ヤン
美術監督 :西村 隆
背景 :アトリエローク07
撮影監督 :尾崎隆晴
撮影 :マッドボックス
編集 :定松 剛
音響監督 :本山 哲
音楽プロデューサー :上松範康
音楽 :Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作 :エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力 :サテライト
製作 :Project シンフォギア


【製作スタッフ・キャストについての詳しい情報は公式HPのこちらから】

【放送曜日・時間帯】

TOKYO MX(MX) 1月6日より 毎週金曜 23:00~ 放送
テレビ神奈川(tvk) 1月7日より 毎週土曜 23:30~ 放送
テレビ愛知(TVA) 1月7日より 毎週土曜 26:20~ 放送
※初回のみ27:10~
チバテレビ(CTC) 1月9日より 毎週月曜 26:00~ 放送
毎日放送(MBS) 1月9日より 毎週月曜 26:20~ 放送
キッズステーション 1月10日より 毎週火曜 23:00~ 放送
ニコニコ動画 1月10日より 毎週火曜 22:30~ 配信
※各話1週間の無料配信
視聴ページはコチラ

※詳細は各放送局のホームページでご確認ください。
※放送時間は予告なく変更する場合がございます。

【放送曜日・時間帯についての詳しい情報は公式HPのこちらから】

以上、公式HP、wiki、2ちゃんねるより抜粋。

【戦姫絶唱シンフォギアの公式HP】
【戦姫絶唱シンフォギアのwiki】

以降、感想・内容等のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。

【戦姫絶唱シンフォギア】第10話【繋いだ手だけが紡ぐもの】【感想まとめ】【ネタバレ注意】
【戦姫絶唱シンフォギアのあらすじ紹介】
――『それ』は、
有史以来、世界の各地にてたびたび観測されてきたものであったが、
その年の国連総会にて正式に議題として取り上げられ、
限りなく未知に近い既知の存在として、公式に認定されることで一致した。

国際平和維持のため、
各国が協調し対処にあたるべき認定特異災害『ノイズ』。

ノイズはヒトを襲い、
ヒトに接触することで、炭素の塊へと変えて分解してしまう。
対して、ヒトの行使する通常物理法則にのっとった破壊力は、
いかに最新・先鋭を誇っていようと、ノイズには微々たる効果しか発揮できず、
ヒトは往々にして、ただノイズが通り過ぎ、姿を消すのを待つだけでしかなかった。

ある者は、そんなノイズを「まさに災害だ」と評し、
またある者は、ヒトだけを襲い、炭素の塊へと変え、
やがてノイズ自身も炭素の塊と崩れ落ちるその様に、
「他人を巻き込む自殺願望そのものだな」と吐き捨てるのであった。


【戦姫絶唱シンフォギア 第10話  「繋いだ手だけが紡ぐもの
tv1331301979583
dat1331302740673


【舞台設定・背景】

物語の舞台は、近未来の日本。東京。

日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえている。
特異災害対策機動部二課は、
第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、
特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、
決定的に異なる点がひとつあった。

『シンフォギアシステム』――

天敵ノイズの駆逐のため、
人類が備えうる、唯一絶対の切り札の保有と、その行使である。

シンフォギアシステムを身に纏ったものだけが、
ノイズに対して効率的・有効な攻撃手段を備え、撃退することを可能とする。

だが、既存の技術体系とは一線を画す、
異端技術の結晶でもあるシンフォギアは、
同時にノイズを殲滅せしめる強力な武装でもあるため、
米国との安全保障条約や、周辺諸外国に対する影響も鑑みられ、
現在の政府与党判断によって、完全に秘匿されている状態でもある。

誰に知られることなくノイズと戦い、
ヒトの暮らしを守る防人たちが年端もいかぬ少女たちであることを――
その正体が、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の2人、
天羽 奏と風鳴 翼であることを知る者は、ごく僅かに限定されている。


【登場人物:声の出演】

風鳴 翼 :水樹 奈々
天羽 奏 :高山 みなみ
立花 響 :悠木 碧
小日向 未来 :井口 裕香
雪音クリス :高垣彩陽
風鳴弦十郎 :石川英郎
櫻井了子 :沢城みゆき
緒川慎次 :保志総一朗
藤尭朔也 :赤羽根健治
友里あおい :瀬戸麻沙美
安藤創世 :小松未可子
寺島詩織 :東山奈央
板場弓美 :赤﨑千夏

【スタッフ】

原作 :上松範康  金子彰史
監督 :伊藤達文
シリーズ構成・脚本 :金子彰史
キャラクター原案 :吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督 :小池智史
総作画監督 :藤本さとる
アクションディレクター :光田史亮
色彩設計 :斎藤麻由
クリーチャーデザイン :okama
フューチャービジュアル :ロマン・トマ  ブリュネ・スタニスラス  ルガル・ヤン
美術監督 :西村 隆
背景 :アトリエローク07
撮影監督 :尾崎隆晴
撮影 :マッドボックス
編集 :定松 剛
音響監督 :本山 哲
音楽プロデューサー :上松範康
音楽 :Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作 :エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力 :サテライト
製作 :Project シンフォギア


【製作スタッフ・キャストについての詳しい情報は公式HPのこちらから】

【放送曜日・時間帯】

TOKYO MX(MX) 1月6日より 毎週金曜 23:00~ 放送
テレビ神奈川(tvk) 1月7日より 毎週土曜 23:30~ 放送
テレビ愛知(TVA) 1月7日より 毎週土曜 26:20~ 放送
※初回のみ27:10~
チバテレビ(CTC) 1月9日より 毎週月曜 26:00~ 放送
毎日放送(MBS) 1月9日より 毎週月曜 26:20~ 放送
キッズステーション 1月10日より 毎週火曜 23:00~ 放送
ニコニコ動画 1月10日より 毎週火曜 22:30~ 配信
※各話1週間の無料配信
視聴ページはコチラ

※詳細は各放送局のホームページでご確認ください。
※放送時間は予告なく変更する場合がございます。

【放送曜日・時間帯についての詳しい情報は公式HPのこちらから】

以上、公式HP、wiki、2ちゃんねるより抜粋。

【戦姫絶唱シンフォギアの公式HP】
【戦姫絶唱シンフォギアのwiki】

以降、感想・内容等のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。

【戦姫絶唱シンフォギア】第9話【防人の歌】【感想まとめ】【ネタバレ注意】
【戦姫絶唱シンフォギアのあらすじ紹介】
――『それ』は、
有史以来、世界の各地にてたびたび観測されてきたものであったが、
その年の国連総会にて正式に議題として取り上げられ、
限りなく未知に近い既知の存在として、公式に認定されることで一致した。

国際平和維持のため、
各国が協調し対処にあたるべき認定特異災害『ノイズ』。

ノイズはヒトを襲い、
ヒトに接触することで、炭素の塊へと変えて分解してしまう。
対して、ヒトの行使する通常物理法則にのっとった破壊力は、
いかに最新・先鋭を誇っていようと、ノイズには微々たる効果しか発揮できず、
ヒトは往々にして、ただノイズが通り過ぎ、姿を消すのを待つだけでしかなかった。

ある者は、そんなノイズを「まさに災害だ」と評し、
またある者は、ヒトだけを襲い、炭素の塊へと変え、
やがてノイズ自身も炭素の塊と崩れ落ちるその様に、
「他人を巻き込む自殺願望そのものだな」と吐き捨てるのであった。


【戦姫絶唱シンフォギア 第9話  「防人の歌

ep496441
ep496435


【舞台設定・背景】

物語の舞台は、近未来の日本。東京。

日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえている。
特異災害対策機動部二課は、
第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、
特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、
決定的に異なる点がひとつあった。

『シンフォギアシステム』――

天敵ノイズの駆逐のため、
人類が備えうる、唯一絶対の切り札の保有と、その行使である。

シンフォギアシステムを身に纏ったものだけが、
ノイズに対して効率的・有効な攻撃手段を備え、撃退することを可能とする。

だが、既存の技術体系とは一線を画す、
異端技術の結晶でもあるシンフォギアは、
同時にノイズを殲滅せしめる強力な武装でもあるため、
米国との安全保障条約や、周辺諸外国に対する影響も鑑みられ、
現在の政府与党判断によって、完全に秘匿されている状態でもある。

誰に知られることなくノイズと戦い、
ヒトの暮らしを守る防人たちが年端もいかぬ少女たちであることを――
その正体が、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の2人、
天羽 奏と風鳴 翼であることを知る者は、ごく僅かに限定されている。


【登場人物:声の出演】

風鳴 翼 :水樹 奈々
天羽 奏 :高山 みなみ
立花 響 :悠木 碧
小日向 未来 :井口 裕香
雪音クリス :高垣彩陽
風鳴弦十郎 :石川英郎
櫻井了子 :沢城みゆき
緒川慎次 :保志総一朗
藤尭朔也 :赤羽根健治
友里あおい :瀬戸麻沙美
安藤創世 :小松未可子
寺島詩織 :東山奈央
板場弓美 :赤﨑千夏

【スタッフ】

原作 :上松範康  金子彰史
監督 :伊藤達文
シリーズ構成・脚本 :金子彰史
キャラクター原案 :吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督 :小池智史
総作画監督 :藤本さとる
アクションディレクター :光田史亮
色彩設計 :斎藤麻由
クリーチャーデザイン :okama
フューチャービジュアル :ロマン・トマ  ブリュネ・スタニスラス  ルガル・ヤン
美術監督 :西村 隆
背景 :アトリエローク07
撮影監督 :尾崎隆晴
撮影 :マッドボックス
編集 :定松 剛
音響監督 :本山 哲
音楽プロデューサー :上松範康
音楽 :Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作 :エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力 :サテライト
製作 :Project シンフォギア


【製作スタッフ・キャストについての詳しい情報は公式HPのこちらから】

【放送曜日・時間帯】

TOKYO MX(MX) 1月6日より 毎週金曜 23:00~ 放送
テレビ神奈川(tvk) 1月7日より 毎週土曜 23:30~ 放送
テレビ愛知(TVA) 1月7日より 毎週土曜 26:20~ 放送
※初回のみ27:10~
チバテレビ(CTC) 1月9日より 毎週月曜 26:00~ 放送
毎日放送(MBS) 1月9日より 毎週月曜 26:20~ 放送
キッズステーション 1月10日より 毎週火曜 23:00~ 放送
ニコニコ動画 1月10日より 毎週火曜 22:30~ 配信
※各話1週間の無料配信
視聴ページはコチラ

※詳細は各放送局のホームページでご確認ください。
※放送時間は予告なく変更する場合がございます。

【放送曜日・時間帯についての詳しい情報は公式HPのこちらから】

以上、公式HP、wiki、2ちゃんねるより抜粋。

【戦姫絶唱シンフォギアの公式HP】
【戦姫絶唱シンフォギアのwiki】

以降、感想・内容等のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。

【戦姫絶唱シンフォギア】第6話【兆しの行方は】【感想まとめ】【ネタバレ注意】
【戦姫絶唱シンフォギアのあらすじ紹介】
――『それ』は、
有史以来、世界の各地にてたびたび観測されてきたものであったが、
その年の国連総会にて正式に議題として取り上げられ、
限りなく未知に近い既知の存在として、公式に認定されることで一致した。

国際平和維持のため、
各国が協調し対処にあたるべき認定特異災害『ノイズ』。

ノイズはヒトを襲い、
ヒトに接触することで、炭素の塊へと変えて分解してしまう。
対して、ヒトの行使する通常物理法則にのっとった破壊力は、
いかに最新・先鋭を誇っていようと、ノイズには微々たる効果しか発揮できず、
ヒトは往々にして、ただノイズが通り過ぎ、姿を消すのを待つだけでしかなかった。

ある者は、そんなノイズを「まさに災害だ」と評し、
またある者は、ヒトだけを襲い、炭素の塊へと変え、
やがてノイズ自身も炭素の塊と崩れ落ちるその様に、
「他人を巻き込む自殺願望そのものだな」と吐き捨てるのであった。


【戦姫絶唱シンフォギア 第6話  「兆しの行方は

viploader2d706765
http://viploader.net/pic2d/src/viploader2d706765.gif
ep467791
http://epcan.us/s/02102304993/ep467791.jpg


【舞台設定・背景】

物語の舞台は、近未来の日本。東京。

日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえている。
特異災害対策機動部二課は、
第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、
特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、
決定的に異なる点がひとつあった。

『シンフォギアシステム』――

天敵ノイズの駆逐のため、
人類が備えうる、唯一絶対の切り札の保有と、その行使である。

シンフォギアシステムを身に纏ったものだけが、
ノイズに対して効率的・有効な攻撃手段を備え、撃退することを可能とする。

だが、既存の技術体系とは一線を画す、
異端技術の結晶でもあるシンフォギアは、
同時にノイズを殲滅せしめる強力な武装でもあるため、
米国との安全保障条約や、周辺諸外国に対する影響も鑑みられ、
現在の政府与党判断によって、完全に秘匿されている状態でもある。

誰に知られることなくノイズと戦い、
ヒトの暮らしを守る防人たちが年端もいかぬ少女たちであることを――
その正体が、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の2人、
天羽 奏と風鳴 翼であることを知る者は、ごく僅かに限定されている。


【登場人物:声の出演】

風鳴 翼 :水樹 奈々
天羽 奏 :高山 みなみ
立花 響 :悠木 碧
小日向 未来 :井口 裕香
雪音クリス :高垣彩陽
風鳴弦十郎 :石川英郎
櫻井了子 :沢城みゆき
緒川慎次 :保志総一朗
藤尭朔也 :赤羽根健治
友里あおい :瀬戸麻沙美
安藤創世 :小松未可子
寺島詩織 :東山奈央
板場弓美 :赤﨑千夏

【スタッフ】

原作 :上松範康  金子彰史
監督 :伊藤達文
シリーズ構成・脚本 :金子彰史
キャラクター原案 :吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督 :小池智史
総作画監督 :藤本さとる
アクションディレクター :光田史亮
色彩設計 :斎藤麻由
クリーチャーデザイン :okama
フューチャービジュアル :ロマン・トマ  ブリュネ・スタニスラス  ルガル・ヤン
美術監督 :西村 隆
背景 :アトリエローク07
撮影監督 :尾崎隆晴
撮影 :マッドボックス
編集 :定松 剛
音響監督 :本山 哲
音楽プロデューサー :上松範康
音楽 :Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作 :エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力 :サテライト
製作 :Project シンフォギア


【製作スタッフ・キャストについての詳しい情報は公式HPのこちらから】

【放送曜日・時間帯】

TOKYO MX(MX) 1月6日より 毎週金曜 23:00~ 放送
テレビ神奈川(tvk) 1月7日より 毎週土曜 23:30~ 放送
テレビ愛知(TVA) 1月7日より 毎週土曜 26:20~ 放送
※初回のみ27:10~
チバテレビ(CTC) 1月9日より 毎週月曜 26:00~ 放送
毎日放送(MBS) 1月9日より 毎週月曜 26:20~ 放送
キッズステーション 1月10日より 毎週火曜 23:00~ 放送
ニコニコ動画 1月10日より 毎週火曜 22:30~ 配信
※各話1週間の無料配信
視聴ページはコチラ

※詳細は各放送局のホームページでご確認ください。
※放送時間は予告なく変更する場合がございます。

【放送曜日・時間帯についての詳しい情報は公式HPのこちらから】

以上、公式HP、wiki、2ちゃんねるより抜粋。

【戦姫絶唱シンフォギアの公式HP】
【戦姫絶唱シンフォギアのwiki】

以降、感想・内容等のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。

【戦姫絶唱シンフォギア】第5話【なお昏き深淵の底から】【感想まとめ】【ネタバレ注意】
【戦姫絶唱シンフォギアのあらすじ紹介】
――『それ』は、
有史以来、世界の各地にてたびたび観測されてきたものであったが、
その年の国連総会にて正式に議題として取り上げられ、
限りなく未知に近い既知の存在として、公式に認定されることで一致した。

国際平和維持のため、
各国が協調し対処にあたるべき認定特異災害『ノイズ』。

ノイズはヒトを襲い、
ヒトに接触することで、炭素の塊へと変えて分解してしまう。
対して、ヒトの行使する通常物理法則にのっとった破壊力は、
いかに最新・先鋭を誇っていようと、ノイズには微々たる効果しか発揮できず、
ヒトは往々にして、ただノイズが通り過ぎ、姿を消すのを待つだけでしかなかった。

ある者は、そんなノイズを「まさに災害だ」と評し、
またある者は、ヒトだけを襲い、炭素の塊へと変え、
やがてノイズ自身も炭素の塊と崩れ落ちるその様に、
「他人を巻き込む自殺願望そのものだな」と吐き捨てるのであった。


【戦姫絶唱シンフォギア 第5話  「なお昏き深淵の底から

ep457892
http://epcan.us/s/02032305743/ep457892.jpg
ep457951
http://epcan.us/s/02032322923/ep457951.jpg


【舞台設定・背景】

物語の舞台は、近未来の日本。東京。

日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえている。
特異災害対策機動部二課は、
第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、
特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、
決定的に異なる点がひとつあった。

『シンフォギアシステム』――

天敵ノイズの駆逐のため、
人類が備えうる、唯一絶対の切り札の保有と、その行使である。

シンフォギアシステムを身に纏ったものだけが、
ノイズに対して効率的・有効な攻撃手段を備え、撃退することを可能とする。

だが、既存の技術体系とは一線を画す、
異端技術の結晶でもあるシンフォギアは、
同時にノイズを殲滅せしめる強力な武装でもあるため、
米国との安全保障条約や、周辺諸外国に対する影響も鑑みられ、
現在の政府与党判断によって、完全に秘匿されている状態でもある。

誰に知られることなくノイズと戦い、
ヒトの暮らしを守る防人たちが年端もいかぬ少女たちであることを――
その正体が、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の2人、
天羽 奏と風鳴 翼であることを知る者は、ごく僅かに限定されている。


【登場人物:声の出演】

風鳴 翼 :水樹 奈々
天羽 奏 :高山 みなみ
立花 響 :悠木 碧
小日向 未来 :井口 裕香
雪音クリス :高垣彩陽
風鳴弦十郎 :石川英郎
櫻井了子 :沢城みゆき
緒川慎次 :保志総一朗
藤尭朔也 :赤羽根健治
友里あおい :瀬戸麻沙美
安藤創世 :小松未可子
寺島詩織 :東山奈央
板場弓美 :赤﨑千夏

【スタッフ】

原作 :上松範康  金子彰史
監督 :伊藤達文
シリーズ構成・脚本 :金子彰史
キャラクター原案 :吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督 :小池智史
総作画監督 :藤本さとる
アクションディレクター :光田史亮
色彩設計 :斎藤麻由
クリーチャーデザイン :okama
フューチャービジュアル :ロマン・トマ  ブリュネ・スタニスラス  ルガル・ヤン
美術監督 :西村 隆
背景 :アトリエローク07
撮影監督 :尾崎隆晴
撮影 :マッドボックス
編集 :定松 剛
音響監督 :本山 哲
音楽プロデューサー :上松範康
音楽 :Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作 :エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力 :サテライト
製作 :Project シンフォギア


【製作スタッフ・キャストについての詳しい情報は公式HPのこちらから】

【放送曜日・時間帯】

TOKYO MX(MX) 1月6日より 毎週金曜 23:00~ 放送
テレビ神奈川(tvk) 1月7日より 毎週土曜 23:30~ 放送
テレビ愛知(TVA) 1月7日より 毎週土曜 26:20~ 放送
※初回のみ27:10~
チバテレビ(CTC) 1月9日より 毎週月曜 26:00~ 放送
毎日放送(MBS) 1月9日より 毎週月曜 26:20~ 放送
キッズステーション 1月10日より 毎週火曜 23:00~ 放送
ニコニコ動画 1月10日より 毎週火曜 22:30~ 配信
※各話1週間の無料配信
視聴ページはコチラ

※詳細は各放送局のホームページでご確認ください。
※放送時間は予告なく変更する場合がございます。

【放送曜日・時間帯についての詳しい情報は公式HPのこちらから】

以上、公式HP、wiki、2ちゃんねるより抜粋。

【戦姫絶唱シンフォギアの公式HP】
【戦姫絶唱シンフォギアのwiki】

以降、感想・内容等のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。

【戦姫絶唱シンフォギア】第4話【落涙】【感想まとめ】【ネタバレ注意】
【戦姫絶唱シンフォギアのあらすじ紹介】
――『それ』は、
有史以来、世界の各地にてたびたび観測されてきたものであったが、
その年の国連総会にて正式に議題として取り上げられ、
限りなく未知に近い既知の存在として、公式に認定されることで一致した。

国際平和維持のため、
各国が協調し対処にあたるべき認定特異災害『ノイズ』。

ノイズはヒトを襲い、
ヒトに接触することで、炭素の塊へと変えて分解してしまう。
対して、ヒトの行使する通常物理法則にのっとった破壊力は、
いかに最新・先鋭を誇っていようと、ノイズには微々たる効果しか発揮できず、
ヒトは往々にして、ただノイズが通り過ぎ、姿を消すのを待つだけでしかなかった。

ある者は、そんなノイズを「まさに災害だ」と評し、
またある者は、ヒトだけを襲い、炭素の塊へと変え、
やがてノイズ自身も炭素の塊と崩れ落ちるその様に、
「他人を巻き込む自殺願望そのものだな」と吐き捨てるのであった。


【戦姫絶唱シンフォギア 第4話  「落涙」

tv1327673178741
ttp://motto-jimidane.com/jlab-tv/2/k/s/tv1327673178741.jpg

ep447544
ttp://epcan.us/s/01272324403/ep447544.jpg

【舞台設定・背景】

物語の舞台は、近未来の日本。東京。

日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえている。
特異災害対策機動部二課は、
第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、
特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、
決定的に異なる点がひとつあった。

『シンフォギアシステム』――

天敵ノイズの駆逐のため、
人類が備えうる、唯一絶対の切り札の保有と、その行使である。

シンフォギアシステムを身に纏ったものだけが、
ノイズに対して効率的・有効な攻撃手段を備え、撃退することを可能とする。

だが、既存の技術体系とは一線を画す、
異端技術の結晶でもあるシンフォギアは、
同時にノイズを殲滅せしめる強力な武装でもあるため、
米国との安全保障条約や、周辺諸外国に対する影響も鑑みられ、
現在の政府与党判断によって、完全に秘匿されている状態でもある。

誰に知られることなくノイズと戦い、
ヒトの暮らしを守る防人たちが年端もいかぬ少女たちであることを――
その正体が、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の2人、
天羽 奏と風鳴 翼であることを知る者は、ごく僅かに限定されている。


【登場人物:声の出演】

風鳴 翼 :水樹 奈々
天羽 奏 :高山 みなみ
立花 響 :悠木 碧
小日向 未来 :井口 裕香
雪音クリス :高垣彩陽
風鳴弦十郎 :石川英郎
櫻井了子 :沢城みゆき
緒川慎次 :保志総一朗
藤尭朔也 :赤羽根健治
友里あおい :瀬戸麻沙美
安藤創世 :小松未可子
寺島詩織 :東山奈央
板場弓美 :赤﨑千夏

【スタッフ】

原作 :上松範康  金子彰史
監督 :伊藤達文
シリーズ構成・脚本 :金子彰史
キャラクター原案 :吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督 :小池智史
総作画監督 :藤本さとる
アクションディレクター :光田史亮
色彩設計 :斎藤麻由
クリーチャーデザイン :okama
フューチャービジュアル :ロマン・トマ  ブリュネ・スタニスラス  ルガル・ヤン
美術監督 :西村 隆
背景 :アトリエローク07
撮影監督 :尾崎隆晴
撮影 :マッドボックス
編集 :定松 剛
音響監督 :本山 哲
音楽プロデューサー :上松範康
音楽 :Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作 :エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力 :サテライト
製作 :Project シンフォギア


【製作スタッフ・キャストについての詳しい情報は公式HPのこちらから】

【放送曜日・時間帯】

TOKYO MX(MX) 1月6日より 毎週金曜 23:00~ 放送
テレビ神奈川(tvk) 1月7日より 毎週土曜 23:30~ 放送
テレビ愛知(TVA) 1月7日より 毎週土曜 26:20~ 放送
※初回のみ27:10~
チバテレビ(CTC) 1月9日より 毎週月曜 26:00~ 放送
毎日放送(MBS) 1月9日より 毎週月曜 26:20~ 放送
キッズステーション 1月10日より 毎週火曜 23:00~ 放送
ニコニコ動画 1月10日より 毎週火曜 22:30~ 配信
※各話1週間の無料配信
視聴ページはコチラ

※詳細は各放送局のホームページでご確認ください。
※放送時間は予告なく変更する場合がございます。

【放送曜日・時間帯についての詳しい情報は公式HPのこちらから】

以上、公式HP、wiki、2ちゃんねるより抜粋。

【戦姫絶唱シンフォギアの公式HP】
【戦姫絶唱シンフォギアのwiki】

以降、感想・内容等のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。

【戦姫絶唱シンフォギア】第3話【夜にすれ違う】【感想まとめ】【ネタバレ注意】
【戦姫絶唱シンフォギアのあらすじ紹介】
――『それ』は、
有史以来、世界の各地にてたびたび観測されてきたものであったが、
その年の国連総会にて正式に議題として取り上げられ、
限りなく未知に近い既知の存在として、公式に認定されることで一致した。

国際平和維持のため、
各国が協調し対処にあたるべき認定特異災害『ノイズ』。

ノイズはヒトを襲い、
ヒトに接触することで、炭素の塊へと変えて分解してしまう。
対して、ヒトの行使する通常物理法則にのっとった破壊力は、
いかに最新・先鋭を誇っていようと、ノイズには微々たる効果しか発揮できず、
ヒトは往々にして、ただノイズが通り過ぎ、姿を消すのを待つだけでしかなかった。

ある者は、そんなノイズを「まさに災害だ」と評し、
またある者は、ヒトだけを襲い、炭素の塊へと変え、
やがてノイズ自身も炭素の塊と崩れ落ちるその様に、
「他人を巻き込む自殺願望そのものだな」と吐き捨てるのであった。


【戦姫絶唱シンフォギア 第3話  「夜にすれ違う」

tv1327068450381
ttp://motto-jimidane.com/jlab-tv/2/k/s/tv1327068450381.jpg
134602
http://motto-jimidane.com/jlab-tv/2/s/134602.gif


【舞台設定・背景】

物語の舞台は、近未来の日本。東京。

日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえている。
特異災害対策機動部二課は、
第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、
特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、
決定的に異なる点がひとつあった。

『シンフォギアシステム』――

天敵ノイズの駆逐のため、
人類が備えうる、唯一絶対の切り札の保有と、その行使である。

シンフォギアシステムを身に纏ったものだけが、
ノイズに対して効率的・有効な攻撃手段を備え、撃退することを可能とする。

だが、既存の技術体系とは一線を画す、
異端技術の結晶でもあるシンフォギアは、
同時にノイズを殲滅せしめる強力な武装でもあるため、
米国との安全保障条約や、周辺諸外国に対する影響も鑑みられ、
現在の政府与党判断によって、完全に秘匿されている状態でもある。

誰に知られることなくノイズと戦い、
ヒトの暮らしを守る防人たちが年端もいかぬ少女たちであることを――
その正体が、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の2人、
天羽 奏と風鳴 翼であることを知る者は、ごく僅かに限定されている。


【登場人物:声の出演】

風鳴 翼 :水樹 奈々
天羽 奏 :高山 みなみ
立花 響 :悠木 碧
小日向 未来 :井口 裕香
雪音クリス :高垣彩陽
風鳴弦十郎 :石川英郎
櫻井了子 :沢城みゆき
緒川慎次 :保志総一朗
藤尭朔也 :赤羽根健治
友里あおい :瀬戸麻沙美
安藤創世 :小松未可子
寺島詩織 :東山奈央
板場弓美 :赤﨑千夏

【スタッフ】

原作 :上松範康  金子彰史
監督 :伊藤達文
シリーズ構成・脚本 :金子彰史
キャラクター原案 :吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督 :小池智史
総作画監督 :藤本さとる
アクションディレクター :光田史亮
色彩設計 :斎藤麻由
クリーチャーデザイン :okama
フューチャービジュアル :ロマン・トマ  ブリュネ・スタニスラス  ルガル・ヤン
美術監督 :西村 隆
背景 :アトリエローク07
撮影監督 :尾崎隆晴
撮影 :マッドボックス
編集 :定松 剛
音響監督 :本山 哲
音楽プロデューサー :上松範康
音楽 :Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作 :エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力 :サテライト
製作 :Project シンフォギア


【製作スタッフ・キャストについての詳しい情報は公式HPのこちらから】

【放送曜日・時間帯】

TOKYO MX(MX) 1月6日より 毎週金曜 23:00~ 放送
テレビ神奈川(tvk) 1月7日より 毎週土曜 23:30~ 放送
テレビ愛知(TVA) 1月7日より 毎週土曜 26:20~ 放送
※初回のみ27:10~
チバテレビ(CTC) 1月9日より 毎週月曜 26:00~ 放送
毎日放送(MBS) 1月9日より 毎週月曜 26:20~ 放送
キッズステーション 1月10日より 毎週火曜 23:00~ 放送
ニコニコ動画 1月10日より 毎週火曜 22:30~ 配信
※各話1週間の無料配信
視聴ページはコチラ

※詳細は各放送局のホームページでご確認ください。
※放送時間は予告なく変更する場合がございます。

【放送曜日・時間帯についての詳しい情報は公式HPのこちらから】

以上、公式HP、wiki、2ちゃんねるより抜粋。

【戦姫絶唱シンフォギアの公式HP】
【戦姫絶唱シンフォギアのwiki】

以降、感想・内容等のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。

【戦姫絶唱シンフォギア】第2話【雑音と不協和音と】【感想まとめ】【ネタバレ注意】
【戦姫絶唱シンフォギアのあらすじ紹介】
――『それ』は、
有史以来、世界の各地にてたびたび観測されてきたものであったが、
その年の国連総会にて正式に議題として取り上げられ、
限りなく未知に近い既知の存在として、公式に認定されることで一致した。

国際平和維持のため、
各国が協調し対処にあたるべき認定特異災害『ノイズ』。

ノイズはヒトを襲い、
ヒトに接触することで、炭素の塊へと変えて分解してしまう。
対して、ヒトの行使する通常物理法則にのっとった破壊力は、
いかに最新・先鋭を誇っていようと、ノイズには微々たる効果しか発揮できず、
ヒトは往々にして、ただノイズが通り過ぎ、姿を消すのを待つだけでしかなかった。

ある者は、そんなノイズを「まさに災害だ」と評し、
またある者は、ヒトだけを襲い、炭素の塊へと変え、
やがてノイズ自身も炭素の塊と崩れ落ちるその様に、
「他人を巻き込む自殺願望そのものだな」と吐き捨てるのであった。


【戦姫絶唱シンフォギア 第2話  雑音と不協和音と】

tv1326464335357
ttp://motto-jimidane.com/jlab-tv/2/k/s/tv1326464335357.jpg

lib476433
http://uproda.2ch-library.com/4764338Un/lib476433.jpg

【舞台設定・背景】

物語の舞台は、近未来の日本。東京。

日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえている。
特異災害対策機動部二課は、
第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、
特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、
決定的に異なる点がひとつあった。

『シンフォギアシステム』――

天敵ノイズの駆逐のため、
人類が備えうる、唯一絶対の切り札の保有と、その行使である。

シンフォギアシステムを身に纏ったものだけが、
ノイズに対して効率的・有効な攻撃手段を備え、撃退することを可能とする。

だが、既存の技術体系とは一線を画す、
異端技術の結晶でもあるシンフォギアは、
同時にノイズを殲滅せしめる強力な武装でもあるため、
米国との安全保障条約や、周辺諸外国に対する影響も鑑みられ、
現在の政府与党判断によって、完全に秘匿されている状態でもある。

誰に知られることなくノイズと戦い、
ヒトの暮らしを守る防人たちが年端もいかぬ少女たちであることを――
その正体が、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の2人、
天羽 奏と風鳴 翼であることを知る者は、ごく僅かに限定されている。


【登場人物:声の出演】

風鳴 翼 :水樹 奈々
天羽 奏 :高山 みなみ
立花 響 :悠木 碧
小日向 未来 :井口 裕香
雪音クリス :高垣彩陽
風鳴弦十郎 :石川英郎
櫻井了子 :沢城みゆき
緒川慎次 :保志総一朗
藤尭朔也 :赤羽根健治
友里あおい :瀬戸麻沙美
安藤創世 :小松未可子
寺島詩織 :東山奈央
板場弓美 :赤﨑千夏

【スタッフ】

原作 :上松範康  金子彰史
監督 :伊藤達文
シリーズ構成・脚本 :金子彰史
キャラクター原案 :吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督 :小池智史
総作画監督 :藤本さとる
アクションディレクター :光田史亮
色彩設計 :斎藤麻由
クリーチャーデザイン :okama
フューチャービジュアル :ロマン・トマ  ブリュネ・スタニスラス  ルガル・ヤン
美術監督 :西村 隆
背景 :アトリエローク07
撮影監督 :尾崎隆晴
撮影 :マッドボックス
編集 :定松 剛
音響監督 :本山 哲
音楽プロデューサー :上松範康
音楽 :Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作 :エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力 :サテライト
製作 :Project シンフォギア


【製作スタッフ・キャストについての詳しい情報は公式HPのこちらから】

【放送曜日・時間帯】

TOKYO MX(MX) 1月6日より 毎週金曜 23:00~ 放送
テレビ神奈川(tvk) 1月7日より 毎週土曜 23:30~ 放送
テレビ愛知(TVA) 1月7日より 毎週土曜 26:20~ 放送
※初回のみ27:10~
チバテレビ(CTC) 1月9日より 毎週月曜 26:00~ 放送
毎日放送(MBS) 1月9日より 毎週月曜 26:20~ 放送
キッズステーション 1月10日より 毎週火曜 23:00~ 放送
ニコニコ動画 1月10日より 毎週火曜 22:30~ 配信
※各話1週間の無料配信
視聴ページはコチラ

※詳細は各放送局のホームページでご確認ください。
※放送時間は予告なく変更する場合がございます。

【放送曜日・時間帯についての詳しい情報は公式HPのこちらから】

以上、公式HP、wiki、2ちゃんねるより抜粋。

【戦姫絶唱シンフォギアの公式HP】
【戦姫絶唱シンフォギアのwiki】

以降、感想・内容等のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。

【戦姫絶唱シンフォギア】第1話【覚醒の鼓動】【感想まとめ】【ネタバレ注意】
【戦姫絶唱シンフォギアのあらすじ紹介】
――『それ』は、
有史以来、世界の各地にてたびたび観測されてきたものであったが、
その年の国連総会にて正式に議題として取り上げられ、
限りなく未知に近い既知の存在として、公式に認定されることで一致した。

国際平和維持のため、
各国が協調し対処にあたるべき認定特異災害『ノイズ』。

ノイズはヒトを襲い、
ヒトに接触することで、炭素の塊へと変えて分解してしまう。
対して、ヒトの行使する通常物理法則にのっとった破壊力は、
いかに最新・先鋭を誇っていようと、ノイズには微々たる効果しか発揮できず、
ヒトは往々にして、ただノイズが通り過ぎ、姿を消すのを待つだけでしかなかった。

ある者は、そんなノイズを「まさに災害だ」と評し、
またある者は、ヒトだけを襲い、炭素の塊へと変え、
やがてノイズ自身も炭素の塊と崩れ落ちるその様に、
「他人を巻き込む自殺願望そのものだな」と吐き捨てるのであった。


【戦姫絶唱シンフォギア 第1話  覚醒の鼓動】

tv1325869440181
ttp://motto-jimidane.com/jlab-tv/2/k/s/tv1325869440181.gif
tv1325858645616
http://motto-jimidane.com/jlab-tv/2/k/s/tv1325858645616.jpg

【舞台設定・背景】

物語の舞台は、近未来の日本。東京。

日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえている。
特異災害対策機動部二課は、
第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、
特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、
決定的に異なる点がひとつあった。

『シンフォギアシステム』――

天敵ノイズの駆逐のため、
人類が備えうる、唯一絶対の切り札の保有と、その行使である。

シンフォギアシステムを身に纏ったものだけが、
ノイズに対して効率的・有効な攻撃手段を備え、撃退することを可能とする。

だが、既存の技術体系とは一線を画す、
異端技術の結晶でもあるシンフォギアは、
同時にノイズを殲滅せしめる強力な武装でもあるため、
米国との安全保障条約や、周辺諸外国に対する影響も鑑みられ、
現在の政府与党判断によって、完全に秘匿されている状態でもある。

誰に知られることなくノイズと戦い、
ヒトの暮らしを守る防人たちが年端もいかぬ少女たちであることを――
その正体が、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の2人、
天羽 奏と風鳴 翼であることを知る者は、ごく僅かに限定されている。


【登場人物:声の出演】

風鳴 翼 :水樹 奈々
天羽 奏 :高山 みなみ
立花 響 :悠木 碧
小日向 未来 :井口 裕香
雪音クリス :高垣彩陽
風鳴弦十郎 :石川英郎
櫻井了子 :沢城みゆき
緒川慎次 :保志総一朗
藤尭朔也 :赤羽根健治
友里あおい :瀬戸麻沙美
安藤創世 :小松未可子
寺島詩織 :東山奈央
板場弓美 :赤﨑千夏

【スタッフ】

原作 :上松範康  金子彰史
監督 :伊藤達文
シリーズ構成・脚本 :金子彰史
キャラクター原案 :吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督 :小池智史
総作画監督 :藤本さとる
アクションディレクター :光田史亮
色彩設計 :斎藤麻由
クリーチャーデザイン :okama
フューチャービジュアル :ロマン・トマ  ブリュネ・スタニスラス  ルガル・ヤン
美術監督 :西村 隆
背景 :アトリエローク07
撮影監督 :尾崎隆晴
撮影 :マッドボックス
編集 :定松 剛
音響監督 :本山 哲
音楽プロデューサー :上松範康
音楽 :Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作 :エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力 :サテライト
製作 :Project シンフォギア


【製作スタッフ・キャストについての詳しい情報は公式HPのこちらから】

【放送曜日・時間帯】

TOKYO MX(MX) 1月6日より 毎週金曜 23:00~ 放送
テレビ神奈川(tvk) 1月7日より 毎週土曜 23:30~ 放送
テレビ愛知(TVA) 1月7日より 毎週土曜 26:20~ 放送
※初回のみ27:10~
チバテレビ(CTC) 1月9日より 毎週月曜 26:00~ 放送
毎日放送(MBS) 1月9日より 毎週月曜 26:20~ 放送
キッズステーション 1月10日より 毎週火曜 23:00~ 放送
ニコニコ動画 1月10日より 毎週火曜 22:30~ 配信
※各話1週間の無料配信
視聴ページはコチラ

※詳細は各放送局のホームページでご確認ください。
※放送時間は予告なく変更する場合がございます。

【放送曜日・時間帯についての詳しい情報は公式HPのこちらから】

以上、公式HP、wiki、2ちゃんねるより抜粋。

【戦姫絶唱シンフォギアの公式HP】
【戦姫絶唱シンフォギアのwiki】

以降、感想・内容等のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。